フィナステリドの副作用って実際どうなの?

40代男性に多く発症すると言われている、男性型脱毛症(AGA)の治療薬『フィナステリド』は評価はどうなっているのでしょうか。

 

2chを覗いてみると、「うつの症状が出る」・「中〜重度のうつ症状が多い」・「副作用が強い」などという、「薄毛対策の効果を感じる前に副作用があるため止めてしまう」といったマイナスの口コミが多く見られました。

 

中には、人によって強く影響を受ける人もいればそうでない人もおり、「影響が弱い人が、この薬剤を使い続けることの方が逆に心配であり問題でもある」いった口コミもありました。

 

薄毛対策では、短期間で良い効果を得ることは難しいためどうしても長期使用が必須となり、特に症状が広範囲に及んでいる40代男性ともなると、薄毛解消のために効果があると言われれば使いたくなりますから、それが悪影響を与えていることにもつながっています。

『フィナステリド』の特徴は?

この薬剤は、アメリカのメルク社が開発した抗アンドロゲン薬の一つで、男性ホルモンのテストステロンをジヒドロテストステロンに変換する還元酵素を阻害する作用があり、前立腺肥大症や前立腺がんの治療薬として開発された治療薬でした。

 

その後、男性型脱毛(AGA)にも効果があることが認められたため、AGA治療薬としての開発が進められ、世界各地で販売されています。日本でも「プロペシア」という名前で発売されています。

 

この薬はジヒドロテストステロンによる脱毛作用を抑止するものであり、それを目的としているのでこの薬剤自体は発毛に作用する薬ではないとしていますが、臨床試験の結果では服用者のある程度の人数で、発毛の兆候が認められています。しかしながら、これだけで発毛剤と呼ぶことができません。

『フィナステリド』を使用するうえでの注意点

2chでも、40代男性に多い薄毛の治療薬「フィナステリド」を使ったことで起こる悪影響が問題となっていましたが、こうした悪影響を抑えるためには、まずきちんと医師の診断を受けて処方してもらうことが大切です。

 

ネット社会となった今では、このような治療薬もネットで海外から簡単に購入することが可能となっています。価格や安いからと安易に海外から購入したことで、様々なトラブルに巻き込まれる事実もあるため、少々割高であっても医師から処方してもらうことが安全です。

 

また、早期の効果を期待して1日の適正量を超えて服用することも避けましょう。量を多くして服用することで効果が上がることは認められていません。一番大切なことは、万が一服用したことで体に異変が起こった場合には、継続せずに辞める勇気を持つことです。

ミノキシジルの効果や副作用

フィナステリドと違ってミノキシジルは血管を拡張させて、栄養を毛根に届ける役割があります。栄養が毛根に届くと、毛は育つようになります。食生活の乱れや生活習慣の悪化、ストレスなどでも血管は収縮してしまいます。

 

そうなると、栄養が毛に届かなくなってしまいますので、その際にはミノキシジルが活躍してくれます。特に錠剤のミノキシジルタブレットは効果も高く、「頭頂部の毛が濃くなった」という人や「生え際の後退が治まった」という人もいます。口コミは非常に良いです。

 

ただし副作用があって、ミノキシジルを服用すると性欲が衰えたり、体毛が増えたり、動悸や目眩を起こしたり。人によってこのような副作用が発症します。その為、一度使ってみて合わないようなら使用は控えた方がよいかもしれません。

ミノキシジルとフィナステリドは併用した方が良い件

ミノキシジルは、血管を強く支え、毛細血管の血流を増加させる働きがあります。薄毛に悩む人の頭皮は、血流が弱まる特徴を持ち、毛の成長が著しく損なわれています。
ミノキシジルの使用は、弱った毛を太く変える効果を持ちますが、ヘアサイクルの正常化が優先です。

 

フィナステリドは、脱毛指令といわれる信号をブロックして、乱れたヘアサイクルを取り戻す薬です。血液中、常に薬の成分が溶け込む必要があるので、毎日欠かさず飲む事が治療の基本です。二種類の薬は、併用してもお互いが効果を邪魔する事はなく、相乗的に補う働きが治療に結び付きます。

 

発売から時間が経っていても、二つの薬に変わる程の存在は現れていません。ストレスを減らし、軽快に動ける体作りは欠かせませんが、薬の併用が毛の太さを回復する方法です。

入手手段を変えて毎月の負担を減らす40代の薄毛対策

医療機関で処方される必要があるフィナステリドは、個人の責任に基づいた輸入で入手出来ます。

 

製造国の違いや、販売する店舗によって、商品の価格は変わりますが、処方より安く手に入る方法です。薬は使用期限が定められていますが、腐る物ではないので、数年単位で保管しておけます。

 

まとめ買いは、更に安く入手する鍵なので、安い時に購入して長く使う方法が経済的です。ミノキシジルは、塗るタイプの豊富さと、内服用のタブレットが購入出来る事が輸入の利点です。

 

安く40代男性の薄毛対策を実現しますが、入手と使用に関しては注意点があります。薬事法では、使う本人が注文を行い、家族や友人等に譲渡出来ない決まりがあります。医薬品である以上、副作用のリスクもあるので、薬の情報を知る事が安全な利用に役立ちます。